ご相談頂ける内容の一例

平穏堂では、いまのあなたがツラく感じている症状の根本原因と「冷え」の程度を、

 ・あなたの一挙手一投足の観察

 ・日常生活の過ごし方や過去のケガのお話

などから推測します。

 

推測する道具には、いままでの臨床経験と、生理学、解剖学、東洋医学や病理学などの専門知識を用います。

 

 そして推測した根本原因に対し、はり・きゅう・マッサージで働きかけ、あなたの症状をあなたが望ましいと思う方向に変化させていきます。根本原因を変化させることにより、症状の再発が少なくなることも見込めます。

 

 お話を伺ったあと施術に入ります。当院でははりきゅう治療には東洋的発想に基づく積聚治療を、マッサージは経絡あん摩を用いております。

 

 はりきゅうの場合は治療着にお着換えいただきます。これは施術でおなか・背中や手足にはりきゅうをする際に手間取らないためと、きゅうの燃えカスや血でお洋服を汚さないためです。

 マッサージの場合はそのまま施術にはいります。しわになるのがお嫌でしたらお着換えいただくことも可能です。

 

 はりきゅうの場合はまずあおむけになっていただき脈拍数を確認します。

 そして我々が「指標」と呼ぶ、からだの各所の反応が出やすい部位を押していき反応を確認します。指標を押したときの全身の反応と、あらかじめ推測していた冷えの程度で施術時の刺激の強さを調節します。冷えの程度が強いほどごくごく軽く弱い刺激とします。これは冷えの程度が強いほど、刺激に反応しやすくなっていて、強い刺激は逆効果だからです。風邪のときがっつり食べずに消化の良いおかゆを食べるようなイメージを浮かべていただければ幸いです。

 

 その後、お腹へはりを当て、指標の変化を確認します。次に手首へのはりを当てまた指標を確認します。そののちにお腹を軽く押し、深い冷え(積(しゃく)といいます)が五臓(肝心脾肺腎)のいずれに一番強く関係しているかを推定します。ここで推定した五臓のひとつによって続く背中の施術でどのような順番で背中の領域を用いるかを決めます。

 

 指標の変化には症状の変化も含まれます。五十肩の場合などでは、はりを当て終わったのちに動かせないほうの肩を挙げていただいています。腰痛であればツラく感じるひねり方をやったりしていただきます。そのときツラさが最初10だったのが8でも9でも少ない方に変化していたら効果が出始めていると見ます。

 

 なお、使用するはりは、滅菌され密封された容器にはいったものを用い、いち施術ごとに使い捨てますので安心安全です。当院で主に用いるはりの太さは0.20mmで、髪の毛(0.05~0.15mm)よりやや太いくらいです。ちなみに注射針は外径0.8mm~1.2mm程度です。

 

 お腹で症状に最も関係の深い五臓を推定したのち、うつぶせになっていただきます。

 うつぶせになっていただいたあと、治療着の背中を開け、全身の指標を確認します。動かすとツライ症状の場合はつらくなる動作をしていただき、その反応を施術前の基準値とします。指標を確認できたらはりを背中に当てていきます。ここは2段階です。最初に背中全体にはりをあてます。そののちに、症状に最も関係の深いと推定した五臓のひとつを基準として選ぶ特定のツボ4つに冷えの程度に合わせた特定の順番ではりをあてていきます。 

 ツボを変えるタイミングや当てている最中でも指標の変化を確認します。これは刺激を与えすぎないようにするためです。刺激を与えすぎるとその場は良くても施術後数時間たったあとに調子が悪くなる副作用がでます。

 

 ここまでの施術で指標の変化が不十分な場合、背中に対して追加のはりやきゅう、あるいは症状が強く出ている部位そのものか、その部位に強く関連する部位に強い刺激のはりや熱いきゅうを行います。

 その後、もう一度あおむけになっていただき、脈の調子とお腹を押した反応、施術前の指標との差異を確認します。確認したあとベッドに腰かけていただき、起き上がり動作でふらつかないか、なども確認します。腰かけた状態で肩の指標の反応を確認してどちらかの肩を選んではりをあてます。腰痛のときなどはこのとき前後左右に腰を曲げていただく場合もあります。最後に背中に指先をあてる手技を行ってはりきゅう施術は終了です。

 

 施術終了後に立ち上がった状態でいろいろ動作をしていただいて症状がどのように変化したかを確認します。その変化度合に応じて今後の養生を提案します。

 

 マッサージはまず最初に左を上にして横向きになっていただきます。そして肩→背中→肩→腕→首→頭→顔面→首→肩→背中→臀部→脚→足と施術していきます。施術には手ぬぐいを使いますので服が汚れることはまずありません。それを左右いれかえて右も行ったのち、あおむけになっていただきます。あおむけでは頭→首→肩→腕→お腹→脚→膝→足と施術します。続いてうつぶせになっていただきます。うつぶせでは頭→首→肩→背中→臀部→脚→足と施術していきます。最後にベッドに腰かけていただいて背中に指先を当てる手技を行ってマッサージ終了です。

 

平穏堂が特筆したい症状

◇冷え

まずは、いまのあなたが「なぜ冷えているのか」根本原因を探ります。

ここでいう冷えは手足の先が冷えているだけでなく、あなたの日常生活での消耗が、自力で回復できる量を上回ってしまっている状態も指します。冷えがそのまま続けば、あなたのからだは消耗を抑えるためにより冷えを厳しくすると思われます。対症療法として暖めるのも必要ですが、何故冷えるのかという根本原因を潰さないといつまでも冷えが終わらないと考えられます。

 

なお、当院では冷えの根本原因としては人間関係のストレス、あるいは過去のケガや手術痕といった後遺症、無理がある日常の習慣(仕事含む)をまず最初に重視します。最近冷えるようになった、という場合では環境の変化を重視します。

 
施術前後の冷えの変化については、

・施術前に固かったおなかが柔らかくなる

・つやが無く黒ずんでいたおなかの肌に、つやが戻り、薄い紅白色になる

・部分的、あるいは全体が冷えていたおなかが全体的に暖かかくなる

などを「冷え」に対し、施術の効果があったと考える指標としています。

 

施術で冷えが軽くなったならば、根本に対する養生指導を行います。
冷えの根本として、考えられる代表的なものを4つ挙げます。

(a)

甘くて冷たいものが大好きで大量に飲む

(b)

 常に冷やされている職場や部屋

(飲食店のキッチン、プールのインストラクター、エアコンの効かせすぎ)

(c)

仕事や遊びでずっと同じ姿勢をとり続けていることが多い

(d)

人間関係のストレス

上記4つに対する養生指導としては、

(a)

甘くて冷たいものを飲みたいと感じる理由を思い出していただく。

次に、可能ならばその理由を解消していただく。

解消が無理ならば意識して呑む量を控えていただく。

 

なお、甘くて冷たいものを飲みたいと感じる理由の代表例としては

1.人間関係のストレスが強い

2.ストレスに対抗するために身体の内側に熱をうみだす、

3.過剰に生み出した熱を解消するために冷たい飲み物を飲む

という場合があります。

熱を生み出すだけで消耗するのに、さらに冷たい飲み物を

体温まで温めるのに消耗する、という悪循環がおきている状態です。

 

(b)

充分に暖かい恰好をするか、一定時間置きにからだを暖めるように

していただく。

(c)

仕事の都合で同じ姿勢を続ける必要があるときは、意識して30分あるいは1時間に一回程度のストレッチや軽い運動をしていただくよう提案しています。

これは、ストレッチや軽い運動を行うと、からだ全体で流れが滞っている箇所や無理のある流れになっていた箇所がもともとの消耗が少ない流れに戻りやすくなるためです。夜勤の連勤などで無理が続いている場合、可能な限りシフトを変えてもらう。変えられない場合でも周囲に無理さ加減をアピールする、などを提案します。

(d)

人間の合う合わないは必ずあるので、合わない人を変えようとするのをあきらめる。そして物理的精神的に距離をとり、事務的な浅い付き合いに収めるようにする。などを提案します。

などを行っています。

 

他に、古傷や手術の後遺症としての冷えがあります。こちらは養生指導ではなく、はり・きゅうでアプローチしたほうがより有効です。

 

まとめると、いまのあなたの日常生活や過去の経歴、施術中の反応などをもとに、

総合的に判断して、あなたがよりラクに日常生活を過ごせる具体策を提案しております。

 

また、お酒の飲みすぎやお風呂に浸かりすぎもお年を召されると強い冷えの原因となります。そのため施術した日はお酒やお風呂を控えていただくようお願いしております。

◇慢性疲労

肩こり、腰痛、腕や指のしびれ、首の後ろのだるさなどは慢性疲労を一次原因する場合があります。そのため肩こりや腰痛などが主に気になる方の場合でも慢性疲労をひきおこす要因を探るときがあります。そうでないと一度症状がおさまってもまたすぐに再発するからです。


冷えと慢性疲労の根本原因は同じです。

ただし、充分に体力があって「冷え」ることが無いヒトは、冷えるヒトと同じ状況におかれた場合に慢性疲労を感じる場合があります。(冷えて、かつ慢性疲労を覚えるかたもいらっしゃいます。)

 

当院では、冷えと同じく、日常生活や職場の状況、過去の病気や事故、怪我などが

「必要以上に生命力を奪い、慢性疲労を感じる」根本原因である、と考えています。

 

当院では、

・施術前は固かったおなかが柔らかくなる

・つやが無く黒ずんでいたおなかの肌に、つやが戻り、薄い紅白色になる

・部分的、あるいは全体が冷えていたおなかが全体的に暖かかくなる

などを慢性疲労(になる要因)が減少した指標と考えています。

 

慢性疲労の根本要因として考えられる代表的なものを3つ挙げます。

(a)

人間関係のストレスに対し、からだに力を入れ続けて対抗している。

力を余分に入れ続けている分、自然回復が追い付かず、慢性的に疲労を覚える。

(b)

人間関係のストレスに対し、神経を昂らせて自己防衛機能を強め対抗している。

すると、短期的には自己防衛に使わない消化器系の機能は低下する。

短期的には消化器系の機能が低下しても問題ないが、ストレスへの対抗が長期化すると、消化器系の機能低下が日常となり、生命力の自然回復量が減少する。

自然回復量が減れば、慢性的に疲労を覚える。

(c)

「いまのあなた」の限界を超える仕事を行いつづけている。
自然回復が追い付かず、慢性的に疲労を覚える。

などが考えられます。
上記3点に対する養生指導としては、

(a)

人間関係のストレスに対し、からだに力を入れても対抗できないことを意識的に認知していただきます。また、ストレス源となるヒトに対し物理的・情報的・精神的に距離をとれるようならとっていただくよう提案します。

(b)

人間関係のストレスに対し、神経を昂らせて自己防衛機能を強めても、いつかは対抗しきれなくなることを認知していただく。また、ストレス源となるヒトに対し、物理的・情報的・精神的に距離をとれるようならとっていただくよう提案します。

(c)

「いまのあなた」の限界をあらためて認知していただきます。

そのうえで充分に余裕のある仕事を行っていただくよう提案します。

しがらみがあってそれらが無理ならば、次善の策として、長時間働いてもつかれにくいからだの使い方を提案させていただきます。

などが考えられます。

 

他に、古傷や手術の後遺症としての冷えがあります。こちらは普段の養生ではなく、はり・きゅうでアプローチしたほうがより有効です。

なぜならば、からだは「古傷=すでに治っていて今の状態が正常である」と認識しているため外部から新たに直接的な刺激がなければ、養生しても変化が期待できないからです。

 

肩から手にかけてのしびれなども古傷(交通事故の後遺症など)が原因の場合があります。

古傷が原因でない場合、しびれる側の足を後ろに引く癖が原因の場合もあります。

◇首・肩・腰の痛み、腕・手指のしびれや痛み

まずは、しびれや痛みの根本原因を探ります。

 

『冷え』や『慢性疲労』が先にありそうならば、そちらを重視します。

 

なぜならば冷えや慢性疲労の原因が首・肩・腰の痛み・腕・手指のしびれや痛みを引き起こす場合もあるからです。

 

痛みやしびれが生じた事象がはっきりしている場合は、その事象に注目して施術します。

(変な力の入れ方をした、寝違え、ねんざ、突き指など)

 

『冷え』や『慢性疲労』、何らかの事故やケガ以外で、首・肩・腰の痛み、腕・手指のしびれや痛みの根本原因として考えられる代表的なものを3つ挙げます。

(a)

毎日、長時間、仕事などで無理な姿勢を維持せざるを得ない状況にある。

例:事務仕事で首と肩を前に突き出し、背中を丸め、腰の背骨を曲げた状態を

日中ずっと続けている。あるいは内装屋さんで、上を向いて天井にものをとりつける、あるいは植木職人さんが不安定なはしごのうえで庭木の剪定を行うなど。

(b)

なんらかの目的で、常に全身に力をいれ格好をつけている。あるいはどちらかの足を引く癖がある。

(c) 子育てで、元気な子供にふりまわされ消耗し、休んでも回復が追い付かず限界を超えた。(介護も同様)

上記3点に対する養生指導としては、

(a) 意識して無理のない姿勢をとるように提案します。次善策としては無理のある姿勢をほぐすストレッチや軽い運動を提案します。
(b) そのヒトにとって無理のない力だけで格好をつけられる方策を模索し、提案します。また体の使いかたに癖がある場合は、その癖を自覚していただいたのち、変えられるようなら変える方向で提案いたします。
(c) まず信頼できる協力者(近親者、あるいは公共サポート)を頼ることを提案します。そのうえで限界を超えないための方策を模索し、提案します。

はりきゅうに期待できる効果

Q1.  はりやきゅうは、どのような仕組みで、どのような効果が期待できるのですか。

A1.

 

  はりやきゅうは、ヒトの組織(皮フや筋肉、筋膜、骨など)を刺激し、その刺激に対するヒトの反応を利用します。

 ヒトは外部刺激に対しさまざまな反応を示しますが、適切な部位・量・種類の刺激を行うことで、自己回復力の向上が期待できます(※)。冷えや一部の頭痛、自律神経失調症、うつなどはこちらの作用を用います。

 

 また、適切な部位に鍼をうつことで鎮痛作用が期待できます。なにかのはずみで急になった筋肉痛などはこちらの作用を用います。

 

(※)健康な人は、その状態で自己回復力(≒恒常性維持機能)が最大に働いていますので、はりきゅうを受けてそれ以上健康になる、ということはありません。

Q2.  はりやきゅうは、どのくらい効果が続きますか。

A2. 

 いまのあなたが、日常生活でどれだけストレス(物理的、精神的)を受けているかによって、効果がどれだけ続くかが変わります。

 

 はりきゅうの鎮痛効果は一時的です。そのため鎮痛効果「だけ」であれば1日も持ちません。

ですが、はりきゅうは鎮痛効果を発揮すると同時に自己回復力を高めます。

 よって、症状を引き起こしている部位は、はりきゅうの施術中から、あなた本来の健康な状態に近づいていきます。そのまま回復が進めば、効果は永続的で、後戻りは基本しません。

 

 つまり、痛みが一時的におさまっているあいだに根本が変化して痛む必要がなくなります。

 これは水をかぶって寒風にさらされ風邪をひいたとき、いったんしっかり治れば(そのときは)再発しない、のと同じです。

 

 ここで問題になるのがいまのあなたが日常生活で受けているストレスです。

 いまあなたが困っている症状は、いまあなたが受けているストレスに適応しようとして生命力を消耗し「冷え」た結果、生じています。つまり一度症状がおさまっても、またストレスを受ければ、それに適応するため再び消耗し「冷え」、症状が再発すると推測されます。

 さきほどの風邪のたとえでいえば、つねにびしょぬれで寒風にさらされていれば何度治っても、また風邪をひくということです。

 

 別なたとえを出すと、人間関係のストレスが原因で肩こりになっている場合、ストレスへの対処法を変えなければはりきゅう施術を受けてもまたすぐ肩こりになる、ということです。

 

 古傷が原因で起きている症状の場合、その古傷に対し施術すれば再発の可能性は少なくなります。

 

 このあたりの具体的な方策は施術後の養生指導で詳しくお話させていただいております。効果継続/再発防止の方策についてはご遠慮なくお聞きください。

医療保険について

Q.  医療保険は使えますか?

A.

 

  いいえ。

 現在、当院は医療保険に対応しておりません。
 自由診療のみとなっております。

 当院が自由診療一本で行っている理由は、主に患者であるあなたに相対する時間が必要と考えるからです。以下にその詳細を述べます。

 まず、当院の治療ではあなたからお話を聞く時間と施術時間合わせて1時間弱と想定しています。

 それに対し、保険診療で最終的に頂ける金額ははり・きゅう治療で1,580円(2018/06時点)です(窓口での1割―3割負担では158ー474円)。この金額に時間を合わせると20分以内でお話を伺ってかつ施術もするという慌ただしいことにならざるを得ません。

 20分以内ですと当院が望ましいと考える施術ができないため、現時点の当院では保険診療は諦めております。ご理解いただければ幸いです。

治療中の痛みや副作用について

Q1.

 はりは痛いですか?

A1.

 

 

 蚊にさされたぐらい、と表現されることが多いです。「チクっとする」ともいわれます。

 当院で刺入に用いる主に用いるはり(0.20mm)は髪の毛(0.05mm~0.15mm)より少し太い程度です。ちなみに注射針は外径が0.8mm~1.2mmです。

 

 また我々は修練により、ほぼ無痛ではりを打つ技術がありますのでその点はご安心ください。

 「無理!やっぱり怖い!」という方には「てい鍼」という刺さないはりを用いたり、

あるいは全くハリを使わず、マッサージで対応させていただいたりしております。

Q2.  おきゅうは熱いですか?

A2.

 「アチっ」と言われることが多いです。

 ですが熱く感じても、痕にならないようおきゅうします。

 具体的には途中で火を消します。必要な熱は繰り返しすえることでまかないます。

 例外的に瞬間的に強い刺激が必要で、あえて焼き切る場合も、ごく小さい(1mm程度)の痕しか残らず、また目立つ場所には行いませんのでご安心ください。

Q3.  はりやおきゅうの痕は残りますか?

A3.

 

 

 はりは内出血した場合、青いあざができます。

 当院では、主に刺さず、からだにあてるはり(接触鍼といいます)を用いますので、そのはりの場合は内出血しません。

 ある程度深く刺すはりをした後も、よくもむため、そういった青いあざは比較的できにくいです。また、目立つ場所には内出血になるよう刺すことはないためご安心ください。


 また、おきゅうは、焼き切ると間違いなく痕が残ります。
 当院では、痕が目立つと困るところは、焼き切らずに、途中で火を消します。

 また焼き切ってもA2で回答しているようにごく小さい(1mm程度)の痕しか

残さないように操作しますのでご安心ください。

Q4.  あん摩マッサージは痛いですか?

 A4. 

 痛みを感じないよう、あなたのからだが押し返す強さに応じて圧をかけていきます。

 また、必ず「強さはどうですか?」と伺いながら施術します。

 その際、強すぎたり、逆に弱すぎたりしたら遠慮なくおっしゃっていただければ適宜対処いたしますので、ご安心ください。

Q5.  副作用はどんなものがありますか?

 A5. 

 はり・きゅう・マッサージの全般の副作用としては、刺激過多によるのぼせ感、その逆の冷え感、動作時痛の増大などがあります。

 

 当院では刺激過多にならないよう、施術中細かくからだからの反応を確認しつつ必要最小限の刺激だけを加えるよう心掛けております。

 

 はりの場合、内出血や、深く刺しすぎた場合の内臓への傷害(気胸など)、刺激過多による生じる炎症由来の深い場所での鈍痛などがあります。

 当院ではそれらの予防として危険な深さまで刺さない、刺し入れたあとは必要以上に刺激を加えない、などを意識して行っております。

 

 きゅうの場合、痕が残ったり、刺激過多によるのぼせ感があります。

 当院ではそれらの予防として、きゅう1~3回ごとにからだからの反応を確認し、必要最小限の刺激だけを加えるよう心掛けております。

 

 痕が残るほどの刺激が強い施術が必要だと考えた場合でも、必ず患者であるあなたの同意をとってから行います(同意がとれなければ当然別手段をとります)のでご安心ください。

 

 あん摩マッサージの場合、揉み返しや骨折、じん帯損傷などがあります。

 当院ではそれらの予防として、からだが押し返す力を確認しながら圧をかけていき、無理がありそうだなと感じた時点でそれ以上の力をかけません。これは動かせる範囲を広げる施術(可動範囲拡大)の場合でも同様です。少しずつ、無理のない範囲で動かしていきますのでご安心ください。

 

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗裏に駐車場有り(一台分)

◇メニューと料金

●20分マッサージ

2,000円(税込)/20分

(別途問診5分)

 

はり・きゅう施術

(初診)

5,000円(税込)/70分

(問診30分込)

----------------

(2診目以降)

4,000円(税込)/40分

(別途問診5分)

 

●全身あん摩マッサージ

(初診)

5,000円(税込)/80分

(問診30分込)

---------------- 

(2診目以降)

4,000円(税込)/50分

(別途問診5分)

 

●小児はり

(初診)

2,000円(税込)/50分

(問診30分込)

---------------- 

(2診目以降)

1,000円(税込)/20分 

(別途問診5分)

 

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
平穏堂三郷早稲田鍼灸治療院の口コミ・感想をもっと見る

◇受付時間

●平日

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●日曜日

     9:00〜16:00   

●定休日(※):火曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。