1・初診者カードへのご記入

初診者のかたには、まず初診者カードにご記入いただきます。

2・症状の確認(問診)

1・

ご来院のきっかけになった『いちばんツラい症状』を伺います。

2・

 

症状が

・いつごろから始まったか

・なにがきっかけか覚えているか

・なにをするとひどくなるか、のべつ幕無しに症状があるのか

などを伺い、症状を引き起こしている根本の深さをさぐります。


3・治療と、症状の変化の確認(繰り返し)

◇はり・きゅう治療の場合

1・

症状の確認が済んだのち、はり・きゅうの施術が行いやすいよう治療着にお着替えいただきます。 

これは、当院でのはり・きゅう施術では、おなか・せなか・肩から先、膝ちょい上から下に施術していくためです。治療着はそれらの部位にすみやかに触れられるようになっています。

 

2・

 

治療着にお着替えいただいたあと、ベッドにあおむけに寝ていただき、

脈を診ていきます。


3・

 

脈を診たのち、寝た状態でツラい症状の確認や、症状に応じた痛みがでやすい「指標」と呼ばれる部位(頭部・顔面・肘の内側・膝の内側・おなかなど)の反応を確認していきます。


4・

症状と指標の確認が終わった後、まずおなかからはりをあてていきます。

その後、手首、背中とつづけてはりをあてていきます。




5・

 

 施術中は「指標」の反応を細かく確認し、症状が変化するのに必要なだけの刺激をあなたのからだにあたえていきます。


6・

 

治療の最後にば起き上がってベッドの上にお座りいただきます。このとき、起き上がり方で施術中の刺激量が適切だったかを判別していたりもします。そして肩の「肩井」(けんせい)というツボを使って左右バランスを整えたり、腰痛に対する刺激を行ったりします。

7・  最後に、施術前のツラさと施術後のツラさを比較していただき、改善がみられるか確認していただきます。

補足説明

 

●症状によってはあん摩マッサージの手技を合わせて用います。

 

●衛生管理について
  当院で使用する「はり」は、基本、消毒・殺菌済みの密閉容器に入った使い捨ての

  「はり」を使用します。

  刺さずに体表を撫でたり押したりする「はり」も別にあり、

  それらは使い捨てではありませんが、個別に消毒・殺菌を行っています。
  また、手指は、殺菌消毒洗浄石鹸液で洗浄後、水洗いし、さらに法で指定された成分

  の消毒剤(主成分・アルコール)で消毒・殺菌します。
  また、はりを打つ部位は、はりを打つ前と、打った後に、アルコールで消毒します。

 

●はりの痛みについて
  蚊に刺された程度、とおっしゃる方が多いです。

 

●きゅうの痕について
  当院では、きゅうは、基本的には最後まで焼き切らず、八分程度燃えたところで

  火を消し止めます(八分灸といいます)。そのため痕は残りにくいです。

  ですが、これもやはり個人差やこちらの失敗もあるため残る場合もございます。ご了承ください。
  また、何回も同じ場所に灸を据えているうちに、いきなり熱くなる場合もあります。

  施術中、その都度熱さを伺いますのでご承知おきください。

◇あん摩マッサージの場合

1・

 

症状の確認が済んだのち、薄着になっていただきます。

服がしわにならないようお望みでしたら、治療着にお着替えいただくことも可能です。


2・確認が終わったあと、左側を上に横向きになっていただいて肩からあん摩マッサージを始めます。

全身の施術をひととおり終えたのち、ツラい症状に注目して手技を行っていきます。

 

 


5・

まず左を上にした横向きで、肩>背中>腕>あたま>くび>顔>背中>足と流していきます。

続いて反対側を向いていただき同じ流れで揉んでいきます。

その後あおむけになっていただき、あたま>くび>鎖骨>肩>腕>おなか>腰>足と手技を行います。

あおむけのあと、うつぶせになっていただいて、あたま>くび>肩>背中>足と進めていきます。

 

 

6・

最後に、起き上がって、ベッドの上にお座りいただいたのち、背中を仕上げます。

7・

施術前の症状のツラさと施術後のツラさを比較し、変化を確認していただいて終了です。

●はり・きゅう治療との比較
 同じ点:からだ全体の流れを整えるよう施術し、その結果、症状が軽くなる、という目論見です。

 異なる点:点より面での施術となります。疲れが取れない、筋肉痛などに適します。

4.養生指導

施術が終わったのち、ツラさが少ない状態を可能な限り長く維持するために、あなたの日常生活にあわせてご自宅や職場でできるオーダーメードな養生法をお伝えします。

 

当院で提案する主な養生法は、筋力トレーニング、効率のよい体のつかいかた、ロカボ、認知行動療法などです。いずれにも共通するのは「からだとこころに無理な負荷をかけない」「どうしても無理せざるを得ないなら無理に耐えるからだとこころにかえる」という理念です。

 

この理念は「ヒトの回復力は有限である」という事実を土台にしています。

 

無理をし続ければ回復が追い付かなくなります。回復が追い付かないと、ヒトは余力を引き当て対処します。ですが、余力も引き当て続ければなくなります。

すると、いままで余力が振り分けられていたため問題がでなかった「あなたのもともと弱い臓器や身体機能」に余力が振り分けられなくなり、問題が生じます。それが症状のツラさである、と当院では考えています。

ゆえに当院は「自分の回復力の上限を超えないで行動する」ことを提案します。

また「どうしても無理をしなければならないのであれば、あらかじめ回復力を増やす/弱い臓器がなぜ弱いのかが分かればその原因をつぶす」方向で養生指導を行っております。

 

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗裏に駐車場有り(一台分)

◇受付時間

●平日

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●日曜日

     9:00〜16:00   

●定休日(※):火曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●20分マッサージ

2,000円(税込み)

20分(別途に問診5分)

 

はり・きゅう施術(初診)

5,000円(税込み)

70分(問診30分込み)

 

はり・きゅう施術(2診目以降)

4,000円/40分

(別途に問診5分)

 

●全身あん摩マッサージ(初診)

5,000円

80分(問診30分込み)

 

全身あん摩マッサージ(2診目以降)

4,000円/50分

(別途に問診5分)

 

●小児はり(初診)

2,000円(税込み)

50分(問診30分込み)

 

●小児はり(2診目以降)

1,000円(税込み)/20分 

(別途に問診5分)

 

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」