正論を武器にしないと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「正論を武器にしないと疲れにくくなる」です。

大前提:人は、他人を攻撃すると、必ず反撃を受ける。

    反撃を受けて傷つくと、傷を修復するために気力体力を消費し、その結果、疲れる。

小前提1:人は、正論で武器に攻撃されると反論できず、恨みを内に籠らせる。

     その結果、攻撃側が「弱み」を見せたとき、ここぞとばかりに強力な反撃を行う。

小前提2:正論を武器ではなく、相手に利を説くための「道具」として使うと、

     相手に選択権が渡るため、結果的に説得されても、恨みは生じず、反撃の機も生じない。


小前提1と大前提から、人は正論を武器にすると、「弱み」を見せたときに強力な反撃を行われ、

その結果、疲れるとなります。

また、小前提2から、正論を武器にしない場合は、「弱み」を見せても反撃が行われないため、

疲れにくくなる、となります。


従って「正論を武器にしないと疲れにくくなる」となります。


次回(9/8)は、「他人を支配・誘導しないと疲れにくくなる」です。


○反撃について私見


 1) 反撃を受ける方向


  当記事の大前提で、他人を攻撃すると、必ず反撃を受けるとしました。

  この反撃は、必ずしも「攻撃を受けた本人」から受けるわけではありません。

  むしろ「攻撃を受けた本人の身内」から、つまり「攻撃を仕掛けた側」からすると

  予測がつかない方向から反撃を受けることが多くあります。

  予測がつかない方向からの反撃には対応が遅れますから、防御できず、傷口は深くなります。


 2) 反撃を受けるタイミング


  また、反撃されるタイミングも、攻撃した側が予測していないタイミングが多いです。

  具体的には、最初に攻撃した側が「強い」うちは反撃されません。

  それは反撃側が再反撃されるリスクを恐れるためです。

  つまり、最初に攻撃した側が「弱く」なってから反撃されます。

  「弱く」なってから反撃を受けるのが、なぜ「予測しない」タイミングか。

  それは、人が「忘れる」生き物だからです。

  「強い」うちに攻撃を続けるうちに、見かけ上の敵はいなくなり、見かけ上、味方しか

  いなくなります。そして味方は「無条件に」自分に味方していると思うようになります。

  いつしか時間が経ち、過去に多方面に攻撃したことも忘れ、

  そして「弱く」なって、「いい人生だった」と考えて余生を暮しているところに

  「味方」だと思っていた方向から「反撃」を食らいます。

  そうすると、全く予測していないため対応が遅れ、傷口は深くなります。


 3) 余計な攻撃はしないが吉。攻撃がどうしても必要ならば死ぬまで覚悟を持つが吉。


  攻撃すれば必ず反撃を受けるということは、1)と2)で説明できたと思います。

  したがって、メリットが少ない攻撃は可能な限り行わないほうが疲れにくい、となります。

  どうしても必要に迫られて攻撃しなくてはいけないのであれば、

  死ぬまで反撃の可能性を考え続ける必要がありますので、非常に疲れます。

  それだけの覚悟を持って行いましょう。


以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)