『こころ』があって『わざ』があることに気付くと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「『こころ』があって『わざ』があることに気付くと疲れにくくなる」です。

大前提:人は、無駄に気力体力を消費すると、目的を持って気力体力を消費するときに比べ疲れる。

小前提1:人は、無目的に「わざ」をふるっても何も果たせず、無駄に気力体力を消費する。

小前提2:人は、目的(「こころ」)を具現化するために「わざ」を作り、それをふるう。

     「わざ」に込められた「こころ」を知らなければ「わざ」の本当の使い方は理解できない。

 

小前提1と2、大前提から、人は、目的(「こころ」)を持って「わざ」をふるうときに比べ、

目的(「こころ」)を持たず「わざ」をふるうと疲れる、となります。

 

このことから、「わざ」が単独であるのではなく、その「わざ」が作られた目的があることに気付くと、

目的(「こころ」)を持って「わざ」をふるえるようになるため、疲れにくくなる、となります。

 

従って「『こころ』があって『わざ』があることに気付くと疲れにくくなる」となります。

 

次回(9/29)は、「『不得手だからこそ訓練する』と疲れにくくなる」です。

 

○心技体の順番についての私見

 

   私は、心技体の順番について、以下のように考えております。

 

    1) 人は、「ある目的を為し遂げたい」とき、「こころ」(心)を持つ。

    2) 人は、その「こころ」を実現させるために「わざ」(技)を作る。

    3) 人は、その「わざ」をふるうに足る「からだ」(体)を練り上げます。

 

   従って、何がしかの流儀を学ぶ場合、先ずはその流儀が目指す終着点である「こころ」を

  学ぶことから始め、次にその「こころ」を具現化するための手段として「わざ」を学び、

  その「わざ」をふるうに足る「からだ」を作っていくことになると私は考えます。

  言い換えれば、「こころ」を知らずして「わざ」だけを学ぶのは無意味であり、

  さらにいえば本人にとっても周囲にとっても危険である、ということになります。

 

   その考えを推し進めると、逆に「こころ」さえ学べば、それを具現化する「わざ」を自分で

  考えだすことも可能であることが導出できます。

  ただ、長く続いた流儀であれば、伝わる「わざ」は複数の才能ある人間によって磨かれていると

  思われるため、まずは伝わる「わざ」を学び、それからさらに自分の解釈を加えていくのが

  現実的だと私は考えます。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)