『沈黙する』『時間切れを待つ』という選択肢に気付くと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「『沈黙する』『時間切れを待つ』という選択肢に気付くと疲れにくくなる」です。

大前提:人は、目的を持たずに行動するとき、何も為すことができず、用いた気力体力は無駄になる。

    つまり不要な行動をしたことになり、必要な行動だけしたときに比べ疲れる。


人は、目的を持たずとも、ただ時間が来たから決まった行動を行うとき、

あるいは他人から型に嵌められて行動するときがあると思います。

ですが、それで結果を伴うことは、偶然か、あるいは不必要な分岐も網羅するという

非効率的な行為の果てにしか為しえません。それは大前提から、疲れる、となります。


従って、目的を持たずに、ただ時間に追われて何かを為すくらいならば、

その場は『沈黙』し、行動を行うための時間が無くなる『時間切れ』を待つと、

疲れにくくなる、となります。

 

以上から「『沈黙する』『時間切れ』を待つという選択肢に気付くと疲れにくくなる」となります。

 

次回(10/06)は、「罪悪感を覚える理由を分析できると疲れにくくなる」です。

 

『沈黙する』『時間切れ』の有効な状況

 

   1) 話し合いのとき相手の意図を掴めないとき

 

      話し合いで、相手の意図が掴めず、何を持って利を説くべきかが不明な場合は、

      相手の話を引き出すだけ引き出して、目的を理解することが最優先となります。

      その場合、相槌だけ打ち、『沈黙』し、こちらの言質をとらせないことが

      重要です。

 

   2) 課題の解決に時間が必要なとき

 

      話し合いで、感情的にこじれてしまった場合、自分と相手の双方が落ち着くまで

      待つ必要があります。その場合、周囲の状況が許す限り『時間切れ』を狙うことで、

      その後に、お互いに利のある話し合いを再開できます。

 

○『沈黙する』『時間切れ』の無効な状況

 

  1) 話し合いのとき相手の意図が明確な場合

 

      話し合いで、こちらに対する相手の意図が明確な場合は、即座に対応しなければ

      相手にそのまま押し切られるため、『沈黙』も『時間切れ』も無効です。

 

  2) 課題の解決にタイムリミットが設けられているとき

 

      話し合いで、課題の解決にタイムリミットが設けられているとき、

      たとえば災害対応などでは、明確な目的がありますから、

      『沈黙』も『時間切れ』も害しかありません。

      その時・その場所で使用可能な資源を全て投入することが最善手です。

 

他にも様々な状況があるとは思います。

疲れにくくなる暮らしを実践するために、その様々な状況を貴方自身の中で増やしていってください。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

●以下の時間帯は電話にでることができません。

(往診のため。2017/11現在)

水曜日午後(11:30-19:00)

木曜日終日

 

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 全身あん摩マッサージ共通)

1000円

(初診時、問診で

 治療時間にプラス30分)

 

はり・きゅう治療

4000円/40分

 

●全身あん摩マッサージ

4000円/50分