全身を温めるのは避け、下半身を温めるようにすると疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「全身を温めるのは避け、下半身を温めるようにすると疲れにくくなる」です。

大前提:人は体力を消費する量が多ければ多いほど疲れる。

小前提1:人の上半身は温めすぎても内臓の働く効率が低下する。特に外部から熱放射を受けると

     内部からの熱発散ができなくなるため、効率低下が顕著となる。

     その効率低下を補うため、体力が通常より多く消費される。

小前提2:人の下半身を温めると上半身から送られた体液が重力に逆らって戻る手助けとなる。

     その手助けの分、体力を消費しなくなる。


大前提と小前提1、2から、上半身を温めすぎると疲れやすくなり、下半身を温めると疲れにくくなる

となります。


従って「全身を温めるのは避け、下半身を温めるようにすると疲れにくくなる」となります。


次回(10/24)は、「間食を止めると疲れにくくなる」です。


以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)