『適応しすぎない』と疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「『適応しすぎない』と疲れにくくなる」です。

人は、生きるために、目の前の状況に適応しようとします。

適応する際、そのとき保持している能力の限界を”少し”超えているくらいであれば

能力の成長によって、適応は成功する可能性があります。

ですが、能力の限界を大幅に超えて適応しようとすると、人のこころとからだは壊され、

適応自体も失敗します。壊れたこころとからだを癒すため、人は疲れます。


つまり、自分の能力の限界を把握し、その限界付近まで能力を使った状態で、

目の前の状況に適応できるか判断し、もし限界を大きく超えるならば、

適応しすぎないようにすることで、こころとからだは壊れにくくなりますから

疲れにくくなる、となります。


従って「『適応しすぎない』と疲れにくくなる」となります。


次回(12/3)は、「『任せる技術』を使いこなせると疲れにくくなる」です。


○「今の自分」の枠を自分で決める。その上で枠を広げていく。


   「自分の枠を自分で決めるな!もっとやれるよ貴方は!」という激励の言葉があります。

  私見ですが、この言葉は正しくもあり、間違いでもあると考えます。

   正しいとする場合ですが、それは現時点で直面している課題に対応する能力が、

  他の状況下で観察されていた場合です。

   たとえば、人前だとうまく歌えないけど、1人きりならとても上手に歌える人。

  そのことを知っている友人が、その人固有の事象を根拠にして励ますならばとても有効です。

   では、間違いであるのはどのような場合でしょうか。

  それは「他の人ができているんだから君もできるに違いない」というような、一般論を

  根拠とする場合です。

  人はひとりひとり能力が異なりますから、あの人ができたから貴方もできる、というのは

  率直にいってただの願望であり、根拠は無く、論理として成り立ちません。


   ですので、他の人がどうであるかに関わらず、「今の貴方」は「何をできるのか?」を

  把握し、その上で「今の自分にはここまでできる」「ちょっと頑張ればあそこまで届くかも?」

  という枠を明確にするのが疲れにくくなる暮らし方だと、私は考えます。

  「枠」は別に固定されているわけではなく、「今」「ここ」を全力で生きることを

  続ければ、自ずから広がっていきます。


以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)