自分の『普通』を疑えるようになると疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

「自分の『普通』を疑えるようになると疲れにくくなる」です。

 人は「自分の価値を認める」ことで幸せを感じます。

 そして人は「自分の価値を認める」目的で、「自分の知識と経験」を一般化し「普通である」と

思い込む、という手段をとることがあります。

その「普通である」との思い込みには落とし穴があります。


 その落とし穴は「過信」です。

人は「自分の知識と経験」を疑ってしまうと「自分の価値」を自分自身で貶めてしまい、

その結果「不幸」となります。

 その「不幸」を回避するため、たとえ少ない事例から導かれた知識、狭い範囲での経験でも、

人はそれを絶対視し、過信してしまいます。

 つまり、もっとたくさんの事例、広い範囲で見た場合、その「普通」は「普通」でない可能性が

あります。

 「普通」でないことを「普通」としてしまえば、周囲との齟齬が生じます。そして齟齬を

解消するために疲れることになります。


 ではどうすれば周囲との齟齬が少なくなるか。

それは「自分の『普通』は本当に『普通』なのか?」と疑い、より多数の事例や広い範囲で見て

内容の再確認を行うことで可能となります。


従って「自分の『普通』を疑えるようになると疲れにくくなる」となります。


次回(12/13)は、「自己肯定と自己受容の違いに気付くと疲れにくくなる」です。


○「普通」と「当然」と「べき論」

   

   人は「○○は××することが普通」「○○は××するのが当然」「○○は××するべき」

  と、自分の考えが正しく、相手はそれに従うべきと考えることがあります。

  その目的は「相手を自分の思い通りに動かす」ことにあります。

  つまり「~普通」「~当然」「~べき」は手段でしかありませんので、

  自分自身に都合が悪い状況になればあっさりと例外処理を行い「俺は××しなくてもいい」

  とします。所謂ダブルスタンダードです。

   ダブルスタンダードを使う人は、自分のためになればそれでOKとするため、

  ダブルスタンダードを使っているという認識はありません。

  ですので「それはダブルスタンダードじゃないか」と指摘しても「どこが?俺はいいんだよ」

  と逃げ(本人は逃げではなく正当なつもり)ます。そういった人には何をいっても伝わらないので

  触らないようにすることを私はオススメします。


以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

●以下の時間帯は電話にでることができません。

(往診のため。2017/11現在)

水曜日午後(11:30-19:00)

木曜日終日

 

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 全身あん摩マッサージ共通)

1000円

(初診時、問診で

 治療時間にプラス30分)

 

はり・きゅう治療

4000円/40分

 

●全身あん摩マッサージ

4000円/50分