怒らず叱らず理を説けば疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

怒らず叱らず理を説けば疲れにくくなる」です。

 人は他者を動かす際、言葉を用います。


 その言葉に「怒り」の感情を乗せると「怒る」になります。

 ですが、「怒り」の感情を乗せて言葉を伝えると、相手は危険を感じるため反発します。

 つまり「怒る」際には、相手の反発を抑え込むこむ必要があり、その分疲れやすくなります。

 また、そのときの反発は抑え込めたとしても、しこりが残り、後々、怒った側が思いもよらない

タイミングで逆襲されることがあります。


 お互いの立場を根拠とし、上から下へ言葉を伝えると「叱る」になります。

 「叱る」ためには常に相手より「上の立場」を維持しなくてはなりませんので、その分疲れます。

 また、一旦「上の立場」が崩れると、再度「叱れる」ようになるには多大な労力が伴います。


 では、自分をあまり疲れさせないように、他者を動かすにはどう伝えれば良いのか。

 それは以下の4つの前提を満たして話すことです。


  1.相手との信頼関係を構築する。


      信頼関係があるということは、相手に「自分自身が」安全だと思われているため、

     その人の言葉や話も受け入れてもらえる状態です。


  2.相手が得られる利益(物心両面)を示す。


      人は「その瞬間の自分」のためになる行動しかできません。

      (長期的にみると「ためにならない」ことでも短期的にみて「ためになる」なら行動します)

      言い換えれば、物心両面で見て、どちらかで損をしてももう一方で得になれば、

     人は行動します。

      例えば、金銭の持ち出し(=物的損失)になったとしてもボランティアを続ける人は、

     「他人の役にたつ自分」を是とする気持ち(=心的利益)があるため行動します。

      名を捨てて実を取る、という言葉もあります。


      ここは私見ですが、相手が得られる利益を示すときの言葉に「あなたのためなんだから」

     を用いるのは悪手だと思います。

      「あなたのため」という言葉には「怒ったり叱ったりする側のため」に

     「あなたに命令」するという思惑が透けて見えるような気がします。


  3.決定権を相手に渡す


      人は、自らの決定権(自決権)を保証されることで安心し、話を受け容れる心理状態に

     なります。

      逆に、人は自分の決定権を奪われることを本能的に忌避します。

      忌避される、ということは、言葉や話を受け容れる余地が無くなります。


  4.感情を載せない


      その人が持つ価値観によって、同じ事象を見たときでも、生じる感情の種類や強さは

     異なります。そのため2人以上の人間が集まればおのずから感情の齟齬が生じます。

     理を説くときには、その感情の齟齬が、障害となるため、障害が無いフラットな状態と

     するために、感情を載せずに話します。

     (生じた感情の種類や強さが一致した状態で理を説ければ、最上です。

      ですが、それを狙って行うには訓練が必要です)


 の4つです。


 この4つの前提を充たしたうえで、なぜ、相手にその行動を希望するのか?という

「自分側の」理由も伝えると、相手に希望する行動をしてもらえる可能性が高くなります。


 希望する行動をしてもらえる可能性が高くなれば、その分説得する時間も回数も少なくて

すみますからその分疲れにくくなります。


従って「怒らず叱らず理を説けば疲れにくくなる」となります。


次回(2/6)は、「『受容』と『無批判』は異なることに気づくと疲れにくくなる」です。


○相手側が行動しない理由を否定しない


   こちらが希望する行動を相手にしてもらえない可能性もあります。

  その際、行動しない理由を否定してしまうのは、わたくしは悪手だと考えます。


   なぜなら、人は「思考の否定」を「身の危険」と捉え、信頼関係を崩してしまうからです。

  ですので、否定するのではなく、受け容れた上で、自らの要望と相手が得られる利益を

  伝え続け、相手の心変わりを待つのが長期的には効率的です。


○「怒り」という感情の使いどころ

 

  1.「こころ」から「からだ」へのフィードバック

 

   1-1.攻撃行動を起こすための「怒り」

 

        対人関係で「怒り」という感情は「主導権争い」を優位に進める目的で行われる

       「威圧」行動を強化するために使われます。「威圧」行動は攻撃行動であり、

       交感神経を昂ぶらせなければ行えません。そして「交感神経を昂ぶらせる」目的で、

       人は「怒り」という感情を創造します。


        その攻撃によって得られる利益は「目的を達成するために必要な時間の短縮」です。

       例えば、レストランで食事中、誰かがあなたのテーブルにぶつかって水がこぼれた

       とします。このとき選べる行動は様々ですが、ここでは2通りに限定します。


        a.大声を出してウェイターを呼びつけ拭かせる


        b.周囲に配慮してウェイターを小声で呼び、拭いてもらう


       両者とも目的は「こぼれた水をウェイターに拭いてもらう」ことです。

       その目的に「できるだけ短い時間」という条件を付けると、人はa.を選択します。

       そして、大声を出すために、人は「怒り」をねつ造します。


        私見ですが、対人関係で「怒り」を用いるのは長期的に不利益を被る可能性が

       大きくなるため下策だと考えます。

 

   1-2.防御行動を起こすための「怒り」

 

        人は自らの生命活動が衰えたとき、言い換えると「心が落ち込んでいる」あるいは

       「疲れている」とき、「身を守る」つまり防御行動を起こすため、交感神経を

       昂ぶらせます。その「交感神経を昂ぶらせる」目的で、人は、「怒り」という

       感情を創造します。


        これも私見ですが、生命活動が落ち込んでいるのを補う目的で「怒り」の感情を

       創造することは、きわめて有用だと考えます。

        例えば非常な悲しみに沈んでいるとき、自分でない誰かに責任を被せ、

       その誰かに対して怒りをぶつける、というような状況です。

        もっとも、ぶつけられる方はたまったものではありませんが。。。

 

   1-3.東洋医学的視点での「怒り」

 

        「怒り」という感情は、こころとからだの「滞り」を押し流す力を生み出します。

       例を挙げると、「高血圧」が「滞りを押し流す力」の一つの現れです。


        「滞り」が無い状態で、他者への攻撃行動を起こすために「怒り」を

       創造すれば、必要以上に巡りが良くなり、下手をすれば血管が破れる事態に

       陥ります。率直に言えば、普段から「対人関係」に「怒り」の感情を用いることが

       多い人は、からだに不要な負担をかけ続けていると言えます。

 

  2.「からだ」から「こころ」へのフィードバック

 

      逆に「交感神経が昂ぶっている」と「怒り」という感情が生み出されることもあります。

     これは「からだ」から「こころ」へのフィードバックで、端的に言えば

     「常にイライラしている」人は「怒りっぽい」ということです。

     その状態は「こころ」に不要な負担がかけ続けられていることに他なりません。

     ですので、可能な限り「からだ」の痛みを減らすor外部からの刺激を少なくすることで、

     「こころ」への不要な負担を減らせます。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)