仲間にできそうな敵は仲間に引き込んでしまうと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

仲間にできそうな敵は仲間に引き込んでしまうと疲れにくくなる」です。

 人は他人と敵対しあうと消耗し、疲れやすくなります。

 そこで、敵対者の中でも、一部の目的が重なり、その点では協力できる、つまり仲間にできそうな敵については仲間として引き込むと、敵対者の総量が減る分、消耗が減り、疲れにくくなります。

 

従って「仲間にできそうな敵は仲間に引き込んでしまうと疲れにくくなる」となります。

 

次回(5/8)は、「褒賞目当てで行動するのではなく行動そのものを楽しむと疲れにくくなる」です。

 

○「仲間にできそう/できない」境界線についての私見

 

  当記事を実践するには、敵対者を仲間にできそうかできないかの境界線を理解することが必要です。

  そしてその境界線は、私は「好き嫌い」だと考えます。

 

  「好き」な相手とは利害対立が無ければ手を組めます。

  また、対立が複数あっても、そのうち妥協できる一部については協力できるでしょう。

  「嫌い」あるいは「こちらを嫌ってくる」相手とは、利害が一致してもお互いにいつ手のひらを

  返すか保証できないため安心できず、結果としてパフォーマンスが落ちるため、協力する利点が

  小さくなります。

 

  もっといえば、仲間であっても嫌いな相手であれば、潜在的な敵と見做していると私は考えます。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)