苦しみの種を自分で蒔くのを止めると疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

苦しみの種を自分で蒔くのを止めると疲れにくくなる」です。

 人はいっときの楽しみを求めて苦しみの種を播くことがあります。

 それは遊興のための借金であったり、日々の鯨飲であったり、犯罪行為であったりします。

 苦しみの種はいずれ芽吹きます。そして苦しみはいっときの楽しみよりも多く長く続くため、疲れやすくなります。

 ですので、いっときの楽しみを得ようとする前に考え直し、苦しみの種を播くのを止めると、苦しみを得る可能性が低くなりますから疲れにくくなります。

 

従って「苦しみの種を自分で蒔くのを止めると疲れにくくなる」となります。

 

次回(5/28)は、「禁欲し過ぎるのを止めると疲れにくくなる」です。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)