疲れているときは食事の量を減らすと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

疲れているときは食事の量を減らすと疲れにくくなる」です。

 からだが疲れているときは、内臓も疲れています。

 つまり消化力も落ちています。

 ですが、スタミナをつけようとして食事を大量にとると、落ちている消化力に

より負担をかけるため、内臓がさらに疲れます。コッテリしたものならなおさらです。

 つまり、疲れをとるための食事としたのに逆の効果が生じ、疲れやすくなります。


 従いまして、疲れているときは食事を

   ・普段より少なめの量

 で

   ・消化の良いもの

 にすると、疲れが取れやすくなり、結果的に疲れにくくなります。


従って「疲れているときは食事の量を減らすと疲れにくくなる」となります。

 

次回(7/8)は、「心理状態が体調に反映される状況を考慮できると疲れにくくなる」です。

 

○例外


   からだが疲れているときでも食事を大量にとる必要がある場合があります。

   それはスポーツ選手が、スポーツを行うために必要な肉体を作り上げる場合です。

   スポーツにはそれぞれ必要な骨量や筋肉量があります。

   そのためには肉体をトレーニングで追い込みつつ、肉体を作る材料としての食事が

  必要になってきます。

   ひっきょう、「疲れた状態」で「大量の食事」をとる必要が生じます。

   そのため、スポーツ選手には、負荷に耐えられる頑丈な内臓、そして一般人より強力な

  消化吸収能力が必要になります。


以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)