自分が誰かを『無能』と呼ぶとき、その目的に気づくと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

自分が誰かを『無能』と呼ぶとき、その目的に気づくと疲れにくくなる」です。

 悪口のひとつに『相手を無能と呼ぶ』があります。

 その悪口を言う自分の目的に気づくと、より目的を達成しやすくなるか、あるいは目的そのものを取り下げるため、疲れにくくなります。

 

従って「自分が誰かを『無能』と呼ぶとき、その目的に気づくと疲れにくくなる」となります。

 

次回(7/25)は、「ときどき前後左右を変えて日常動作を行うと疲れにくくなる」です。

 

 ○「相手を無能呼ばわりする」目的

 

   相手を無能呼ばわりする目的と思われるものを列挙し、さらにそれにどう反応すると

   疲れにくくなるか考察していきます。

 

 1.自分が『相手にかけた期待』を相手がこなせいため、裏切られた!と感じたとき

 

     この場合、期待に応えるかどうか、また期待を達成する能力の有無は相手次第です。

     したがって、期待をかけた側が、相手を無能呼ばわりする権利は存在しません。

     また相手には相手なりの思いがあるため、無能呼ばわりされた段階で反発し、

    期待をかけた側に対し、潜在的な敵対心を持つ、あるいは明確に敵対します。

 

     もとより双方が合意した契約でなければ、期待を裏切るも何もないのですから、

    自分本位で無能呼ばわりするのは相手から見れば不当な攻撃です。

     相手から見て不当な攻撃をするのは自分にとっても不利益だ、と気づければ

    攻撃欲求を控えられ、結果として疲れにくくなります。

 

 2.自分の無能を相手の無能にすり替えて自己防衛を行う場合

 

     自己防衛のパターンでは、自分が無能だと無意識で感じていて、かつ、その無能さを

    直視する勇気をもてないでいるとき、他人の過ちを強く非難することで、自分の無能から

    目をそらす力に変えています。

     この場合は、何故自分は他人の過ちを強く非難してしまうのか?を認識できれば、

    自分の無能から目をそらしているところまでたどり着けます(※)。

     そこまでたどり着ければ、他人の無能より自分の無能を何とかするという建設的な結論に

    至るため、疲れにくくなります。

 

    (※) 万能感を持っている人は自分は偉いから他人に教えてやっているという態度で、

       自分は自らの無能から目をそらしているかも?という仮説にたどり着きません

 

 3.不満をはらすため


     何か不満を持っており、他人を攻撃することでその不満をはらしたいという考える場合に、

    「他人を無能と罵る」という手段を選択する場合があります。

     この場合、不満の発生源をなんとかするのが最も疲れにくくなる解決法です。

     しかし、現実問題、そうはいかないことも多々あります。

     ただ、他人を悪口で攻撃すれば反撃を喰らってお互い傷つくだけですので、

     可能な限り他人を巻き込まない手段で不満を解消すると疲れにくくなります。

 

 4.心の底から他人を無能だと考えているからそのまま発言しただけ

 

     この項は私見です。

 

     この場合、「ではどうなれば自分は相手を有能だと思うのか?」と自問自答し、

    その答えが現実に実現可能かどうかを考えられれば多少違うのではないかと私は考えます。

 

     また、人は理想のパフォーマンスを常に発揮することはできず、また人によって持っている

    能力も異なるのですから、うまく出来ている別人と比較するのは無意味だと認識できれば、

    心の底から他人を無能だと考えることはまずなくなるのではないかと私は考えます。

 

○まとめ

 

   「任意の目的を達成するのに能力が不足している」ことを「無能」と呼んで思考停止するのでなく

   「○○という能力が不足している。その能力を上げて再度試みよう」と考えられれば、

   だいぶ建設的に話を進められるのではないかと私は考えています。

     

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)