辛い想いを吐き出すときは顔を上げて吐き出すと疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

辛い想いを吐き出すときは顔を上げて吐き出すと疲れにくくなる」です。

 人は辛い思いをする場合があります。

 

 そして辛い思いを溜めこむとよりつらくなるため言葉にして吐き出す場合もあります。

 

 そのとき、うつむいた状態で辛い想いを吐き出すと、下向きの力が合わさるため、こころとからだの両方の調子が相乗効果で落ち込みます。すると調子を持ちあげ、安定させるために力が追加で必要になるため、疲れやすくなります。

 

 ここで、顔を上げて辛い想いを吐き出すと、上向きの力(言葉が吐き出される方向)と、下向きの力(辛い想い)が合わさって、地面に平らな方向の力になります。すると、こころとからだの調子は平らに穏やかになり、調子を安定させる力は追加不要となるため、その分疲れにくくなります。

 

従って「辛い想いを吐き出すときは顔を上げて吐き出すと疲れにくくなる」となります。

 

次回(9/11)は、「原則として『自分の自由』は『他人の自由』を侵すものだと知ると疲れにくくなる」です。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)