他者に責任を求める場合、第三者の視点で検証してからにすると疲れにくくなる

こんにちは。平穏堂院長の田上俊和です。

本日の「疲れにくくなる暮らし方」は

他者に責任を求める場合、第三者の視点で検証してからにすると疲れにくくなる」です。

 人は他者に責任を求める場合があります。

 その動機は「自分の責任回避」のためであったり、または公憤や義憤によったりと、さまざまです。


 ただ、いずれの場合も「責任を求める」行為は、相手への攻撃に他なりません。

 そのため、確実な勝ち筋、つまり言い訳されようのない証拠と論理展開を用意したうえで、反撃を行う間もなく論争を一方的に速攻で終わらせます。そうすればほとんど傷つかず済むため、疲れにくくなります。

 逆に、勝ち筋が無い、つまり隙だらけの証拠や、思い込みだらけの論理展開、ましてや「自分では世の中に通じると思っている正義」を根拠に仕掛けるようでは、相手から容易に反撃を受け、争いも長引くため、疲れやすくなります。敗北主義者でもなければ、勝ち筋が無いのに他者に責任を求める行為は避けるのが吉です。


 ではどうすれば確実な勝ち筋が得られるのか。

 それが利害関係の無い第三者の視点で検証する、という手法です。

 すでに科学的知見が得られていれば、その知見を示す論文を引用すれば良し。

 確定した知見が無くとも、帰納法なり演繹法で穴のない論理を第三者の立場から組み立て、それを根拠とするのも良しです。

 「まだよくわからない」「現在検証中」「サンプル数がごく少量」などの科学的知見は根拠とするには不適です。陰謀論を根拠とするのが不適なのはいわずもがなです。また、論理も、一人で組み上げると「論理の飛躍」をしてしまっていても、気づきづらいものです。そのため、論理をくみ上げた後、別人のレビューを受けると、より穴のない論理展開を生み出せます。

 

従って「他者に責任を求める場合、第三者の視点で検証してからにすると疲れにくくなる」となります。

 

次回(12/03)は、「自分が守るべき原則を明確にし、それに則って行動すると疲れにくくなる」です。

 

以上

平穏堂 三郷早稲田鍼灸治療院

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田

二丁目16番地1-102
TEL:048-951-0670

mail:info@heion-do.com

◇アクセス

JR武蔵野線 三郷駅

北口より徒歩7分。

店舗の裏に一台分の

駐車場があります。

◇受付時間

●平日・祝日 

午前   9:00〜12:30

午後 14:30〜19:30

●土曜日

     9:00〜14:30

●定休日(※)

火曜日・日曜日

※定休日が祝日と重なる場合

 営業いたします。

◇料金体系

●初診料

(はり・きゅう治療、

 あん摩マッサージ共通)

1000円


はり・きゅう治療

5000円/50〜70分程度

(お困りの症状により治療時間は増減します。初診の場合1時間半程度です)


あん摩マッサージ

3000円/30分

(初診の場合50分程度)

(最もつらい症状に応じ、

 上半身もしくは下半身の

 いずれかを選択していただきます)